自宅で始める筋トレ!3つのアイテムでムッキムキに!

スポンサードリンク

マッスル!パパ趣味のtysterken(@deadorrunning)です!

筋トレに慣れてくると、ちょっと本格的に始めたいなと思うものです。ジムに通えば色々な器具を使ってトレーニングが出来ますが、目的の器具が無い事や目的の器具があったとしても会費が高く手が出しにくい…という問題があります。

自宅で筋トレができればジムとの距離問題も無くなりますし、初期投資だけで永久に筋トレが出来ます。

今回、自宅で筋トレを行う為に揃えた3つのアイテムを紹介したいと思います。

自宅筋トレに必要な広さ

自宅筋トレにはある程度の広さが必要です。しかし、部屋を目一杯使う必要はありません。

筋トレの内容によりますが、大の字に寝転がれるスペースがあれば十分です。ダンベルを使用する筋トレに置いては、大の字になれるスペース又は大の字スペースから多少余裕があると安心です。

上記写真は私の筋トレスペース。比較用の椅子を見るとお分かりの通り、対してスペースは必要ありません。オーバーな動きを必要としないので、この程度のスペースでも十分に筋トレが出来るのです。
スポンサードリンク

自宅筋トレに必要な3つのアイテム

私が購入した自宅筋トレアイテムは

  • ヨガマット
  • ダンベル
  • フラットベンチ

の3つです。優先度は「ヨガマット>ダンベル>フラットベンチ」の順番です。

それでは、各アイテムを紹介していきましょう。

ヨガマット

実は、優先度の高いヨガマット。理由は汗で床を汚すのを防ぐ為です。

季節や自宅の空調に左右されますが、筋トレは結構汗をかきます。ヨガマットさえあれば、筋トレ後の拭き取りも簡単ですし、使い古しても交換すればOKです。

また、ヨガマットは滑り止めになるので転倒防止になります。

ダンベルやフラットベンチなど、他のアイテムが無くてもトレーニングはできます。筋トレスペースの確保として、まずはヨガマットを先に購入することをおすすめします。

LICLI ヨガマット おりたたみ トレーニングマット エクササイズマット ヨガ ピラティス マット 厚さ 10mm 「 収納 ケース ストラップ 付 」「 ニトリルゴム 滑り止め 軽量 幅広 防音 防水 」 7カラー (グレー)
LICLI(リクライ)

ダンベル

重さだけ見ればペットボトル等でも十分ですがやはり握りやすさが違います。重さの種類も豊富ですので、ダンベルは筋トレに必要なアイテムですね。

私は重さを変更できるタイプのダンベルを購入しました。重さを変える時にやや面倒ですが、保管スペースの事を考えました。

MOJEER ダンベル【最新進化版・3in1】5kg×2個セット (10kg)/10kg×2個セット (20kg)/20kg×2個セット (40kg) ポリエチレン製 筋力トレーニング ダイエット シェイプアップ 静音 (5kg×2個セット 赤 B)
MOJEER

上記商品は、購入時にトータルの重さを決めることができます。10kg×2が値段的にもお求めやすいのですが、私が試してみた結果と経験から

  • 5kg×2:初めて筋トレする方におすすめ。片手5kgはそこそこ重いです
  • 10kg×2:ジム等で筋トレを行っており運動に慣れている方におすすめ。
  • 20kg×2:もともとジムでフリーウェイトトレーニングを行っており、筋トレに自身がある方におすすめ

に分けられます。

私はある程度筋トレを行っていたので10kg×2を選びましたが、最初は7kg×2からはじめています。7kgのダンベルトレーニングでも十分負荷を感じられますよ。

紹介した上記商品は、重さの組み換えでkgを決定します。大は小を兼ねるという事で20kg×2を購入して重さを作ることも可能です。細かい重さを作れないので、ご自分のスタイルに合わせて重さを決めましょう。

フラットベンチ

ダンベルと組み合わせる事で、様々な筋トレメニューを増やせますが、基本的なダンベル筋トレはフラットベンチが無くとも行えるので、優先度は一番低めにしております。

私は筋トレの基本BIG3を行いたかったためフラットベンチの購入を決めました。

BIG3とは、”スクワット”、”デッドリフト”、”ベンチプレス”のトレーニングを言います。筋トレを調べると必ずBIG3に行き着くほど有名なトレーニングで、筋肉を効果よく鍛えられます。

ベンチプレスは名の通り、ベンチを使ったトレーニングな為購入しました。

また、フラットベンチ1台あると「俺って筋トレしてるんだな」と不思議なやる気が出ます(笑)モチベーションの増加にもつながるので買ってよかったと思います。

ジム2ヶ月の会費で充実の筋トレを!

初期費用は1万円とちょっとです。フリーウェイトトレーニング設備が整っているジムの会費が大体5,000円以上かかる事を思えば、ジム2ヶ月分の会費でずっと筋トレができる事はかなり安いと言えるでしょう。

自宅で筋トレを行うメリットは多く、

  • 周りの目を気にせず筋トレが行える
  • ちょっとの時間を見つけて筋トレができる
  • 好きな音楽でモチベを高めて筋トレができる
  • すぐにプロテインが飲める

といい事ずくめです!

ちょっとの時間で運動が行える事や、ダンベルの負荷に耐え筋肉を可動させるという達成感はランニングには無い魅力がありますね。

筋トレは自分ががんばった分だけ体が答えてくれます。手軽に行える自宅筋トレ、興味があれば是非一緒にやりましょう!

あっ、当然筋トレ後はプロテインをお忘れなく(^ ^)

スポンサードリンク

ダイエットは必ず成功する!

ダイエットは簡単な引き算です。

「食べるカロリー」より「出るカロリー」の方が多ければ必ず痩せていきます。

痩せ方は人それぞれですが無理はいけません。少し…ほんの少しずつでも痩せる努力をすれば、必ず痩せていきます。

あなたのダイエットが1日でも永く続けられるような記事になれば幸いです。一緒にダイエットを成功させていきましょう!


趣味を増やしてみよう!

あなたも多趣味になってみませんか?
と簡単に言っても、中々思いつきませんよね。しかし手軽に趣味が見つかる方法があります。私が利用している通販サイトamazonでは、通販だけでなく本や動画コンテンツ等幅広く取り扱っています。amazonは基本通販だけですが、amazon prime会員になると豊富に取り揃えられた本や動画コンテンツが無料で利用ができます。何がきっかけで趣味が広がるか分かりません。じっくり吟味して見つける趣味も良し、ザバッと飛び込んで趣味探しの食べ歩きに出るも良し!です。

下記リンクは、amazon prime会員になって得する人と得しない人がまとめられています。
会員になるか迷っている方は、ぜひご参考ください


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA