急性膵炎の食事|食べたら死ぬ恐怖の5品目

スポンサードリンク

急性膵炎の入院生活から無事退院しても、完治とは言えません。破壊されたすい臓は元に戻らない為、現状を保ち続けることが今後の目標です。

退院した後医者から「脂質に注意した食生活を送る事」と強く言われました。

今回の記事は脂質にスポットをあて、退院後に絶対に食べてはならない食物をまとめてみました。普段の健康においても参考になると思いますのでご参考ください。

下記関連記事で急性膵炎の退院後に実施してきたダイエット方法や食事方法をまとめています。90Kg→65Kgのダイエットに成功した内容を自身持ってお届け致します。

1回の食事で、脂質は10g以下

10g以下の脂質と言われてもピンと来ないと思いますが中々厳しい制限です。脂質はあらゆる食品に含まれており注意しないとすぐにオーバーしてしまいます。

妻の協力もあり脂質を抑えた食材や調理法を実施していたのですが、おそらく多少超えていたと思います。正確な脂質gまでは算出できず、「これぐらいだろう」という予想で食事を行っていました。

栄養士等、専門の資格も持っていないので、脂質に気をつけた食事を始めた頃は「本当に大丈夫なのか」と心配でした。

急性膵炎VS健康体の脂質を比べてみる

急性膵炎退院後の脂質制限は、1回の食事で10g。1日3食で30g以内に抑えなければなりません。ただし、多少の前後(朝が12gで昼が8gなど…)は許容されます。

一方、健康体の方の目安はと言うと…

1日の脂質の目標摂取量はグラム単位ではなく、「脂肪エネルギー比率(単位:%エネルギー)」という単位で計算されています。 これは脂質のグラム数×(9÷総エネルギー)×100という計算式で計算することができます。
成人男性・女性ともに目標の脂肪エネルギー比率は20~30となっており、これは1日の摂取エネルギーの総量が2,650kcalだった場合、 20%エネルギーを目標とするなら1日の脂質の摂取グラム数は20÷((9÷2,650)×100)=58.8888gとなります。
30%エネルギーを目標とするなら、30÷((9÷2,650)×100)=88.3333gとなります。

くすりの健康日本堂 脂質が多い食べ物・食品ランキング TOP100より引用

上記引用文の通り、健康体の方は約60g~90gを目標に脂質を摂取します。

急性膵炎退院後の患者が如何に脂質を抑えるかが難しい、をまとめると

  1. もともと脂質異常で急性膵炎になった可能性があるので、普段の脂質gが通常の範囲(60g~90g)を超えていた可能性がある。
  2. そこから通常の脂質摂取量(60g~90g)に戻すのが大変。
  3. 大変から更に脂質摂取量を制限(1日30g)しなければならないので、もっと大変

になります。

このことから、急性膵炎退院の患者はよほど覚悟を決めて食事制限をしないといけません。

外食は基本NG

外食は普段の食卓から雰囲気が変わるし、慣れ親しんだ味から変化を楽しめるので魅力的なのですが、脂質制限に置いては相性最悪です。

外食チェーンだと1つ1つのメニューにカロリー表が掲載されている場合がありますが、脂質まで表記されているケースは稀です。個人経営店はカロリー表すら用意していない事が多いでしょう。

ただし、寿司屋に限ってはネタの厳選や食べ過ぎなければ脂質を抑えた外食が可能です。

大丈夫そうなメニューを頼んだとしても実は脂質が多く含まれているかもしれません。自分で脂質を確認して食事を行いましょう。

お菓子(間食)もNG

お菓子には多くの脂質が含まれている物が多いです。

急性膵炎の患者は脂質異常と肥満を合併しているケースが多い為、体重も落とさなければなりません。お菓子(間食)は太る原因なので、しばらくはぐっと我慢をしましょう。

どうしてもお菓子が食べたくなった場合は、やはり脂質が極めて少ないお菓子を厳選して食べましょう。

スポンサードリンク

食べたら死ぬ!?恐怖の食材5品目

1品目目|考えたら分かりそうなもの

あなたの好物だった食事はすべてNGと思ってください。脂っこいものが好きなあなたなら分かるはずです。

ラーメン・ハンバーグ・カレー・ステーキ・焼き肉・カツ丼…すべてNGです。脂質gを考えるまでもありません。

見るからにヤバそうなやつには手を出さない。死に直結する食べ物を見抜くセンスが必要です。美味しい物は危険な食べ物です!

「本当かよ…」と脂質が気になるという方は参考にセブンイレブンの揚げ物メニューを御覧ください。脂質オーバー過ぎて逆に笑えます。

セブンイレブンの揚げ物一覧

2品目目|豚肉や牛肉

先程ステーキやカツ丼と例題に挙げましたが、調理法云々の前に豚肉・牛肉自体にも脂質が多く含まれているのです。

牛肉でも「赤身」は脂質が少なめで食べられない事はありませんが、まずは豚肉・牛肉は基本的にNGにしておきましょう。

同じお肉でも鶏肉は優秀です。ササミや胸肉などは、豚肉・牛肉に比べ圧倒的に脂質が少なく肉の食感も味わえるのでかなりオススメです。

3品目目|洋菓子

ケーキやクッキー、チョコレート等は、かなり脂質が高いです!ケーキといえば生クリームですが、その生クリームに脂質を多く含んでいます。

クッキーやチョコレートは普段から気をつけていれば良いですが、お誕生日やお祝いごとにケーキはよく出てきます。いつもより少なく食べるか思い切って和菓子に切り替えましょう。

和菓子は「あんこのお餅」「みたらし団子」「せんべい」等が脂質少なめです。ただし、「揚げせんべい」は名の通り揚げており脂質が高いので注意です。

4品目目|サンマやサバ

魚は健康に良さそうなイメージですが、脂質が多い魚も多く存在するので注意が必要です。例えばサンマは「脂の乗ったサンマ」と表現される事から脂質の多さが伺えますね。

鯛(たい)や鱈(たら)等の白身魚は脂質が少ないのでオススメで、「煮れば」さらに脂質を抑えられます。

 

白身フライは論外です。(フライ=揚げている)

5品目目|ひじき・牛乳の意外な食べ物にも注意

体に良さそうなひじきや牛乳なども、脂質を調べると高いものが存在しています。

ひじきに入っている「油揚げ」や調理方法によっては高い脂質になる場合があります。スーパーで手に入れる際には必ず食品表示を確認しましょう。書いていない場合は問答無用で棚に戻します。自宅で作る場合は、調理法に気をつけましょう。

牛乳も脂質が多いです。基本的に乳製品は脂質が高いと覚えておきましょう。どうしても牛乳が飲みたい方は低脂肪牛乳をオススメします。普通の牛乳よりかなり脂質が抑えられています。

初めは慎重に

正直申しますと、食事の幅が限定されるので食事を楽しめません。私は再発を免れる為に探りながら食事を行っていました。とにかく脂質が少ない食品や調理法を勉強して実施していたので、純粋な食事ができなかったことを覚えています。

しかし徐々に脂質が少ない食事を知る事で、「食べて良い食事」「食べすぎては良くない食事」「めったに食べてはいけない食事」を分類できるようになりました。初めは制限という感覚で食事を行っていましたが今では「健康の為に」「趣味のランニングの為に」という観点から、進んで食事に気をつける様になりました。

「一生味気の無い食生活を送らなければならない…!」と悲観することはありません。食を学べば自分にあった食事を見つけられます。

急性膵炎患者でなくとも、食を学ぶ事で食生活が見直せます。これを機会に、食事のことについて学んでみてはいかがでしょうか?

退院から2年後の健康状態は?

退院から2年間経過した私の健康状態も合わせてお読みください。急性膵炎になっても元気な生活を送る事ができます!

 

 

スポンサードリンク

多趣味の絶対条件「健康」

多趣味に必要な条件は非常にシンプル。それは「健康」であることだけです。

健康だからアクティブに活動ができる!健康だから家族との遊びも楽しい!健康だから友人とのお喋りも弾む!

果たして、どうしたら健康になれるのか?答えは簡単です。健康の事について、ちょっとだけ興味を持ってもらえば誰でも健康になりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA