パチンコ開発者が全部教えます!パチンコが絶対に勝てない理由

スポンサードリンク

世界中のパパ達の中には、「一発あててやろう!」とパチンコ店に行き、球の増減に一喜一憂する事もあると思います。パチンコはたまの休息、自分だけの時間を楽しむには手軽でもってこいですね。

これが息抜き程度なら良いのですが、通い詰めになってしまうと話が変わってきます。お金も時間も無くなってしまうので、家族のためになりません

通いたくなる気持ちも分かります。「もう少しで出そう!」「あと千円…、もうあと千円」とアツくなってしまうのもパチンコの特徴であり醍醐味ですよね。奇跡の逆転劇!のように、どん底から復活したパパたちも大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、パチンコは基本的に負けます。これは揺るぎない事実であり、この事実を頭に入れておくことで冷静な見方でパチンコに接せられます。

もしあなたが「ちょっと通い過ぎかな…。」と心に思っているならば、今回の記事が参考にしてはいかがでしょうか?

パパ趣味はどんな仕事をしているの

 

私はパチンコの映像に音楽や効果音をつける仕事をしています。他にもセリフの収録に立ち会いニュアンスを確認したりどういう音ならパチンコを打っている人が興奮するかを考えたりもします。パチンコを盛り上げる演出部分を作る仕事です。

パチンコはスペック設計(出玉の性能を決める)やパチンコ釘の設置、映像を制作…、と様々な部署が集まり一つのパチンコが作られています。仕事の中で専門的な話を聞いたり勉強したりできるので音楽だけでなくパチンコの内部についての知識も自ずと身につきます。

そして、10年以上この仕事を続けているのでパチンコが絶対に勝てない理由も説明ができるのです。

スポンサードリンク

数字で証明!パチンコ1台の値段からホールの利益まで

パチンコにはDK-SISというパチンコ店のデータが見られるシステムがあります。

DK-SISは全国のパチンコ台およそ1/3を一括管理し、特定のパチンコ台の利益等が見られます。全国の1/3ともなるとシェアは大きく、残りの2/3のパチンコ台に対しても同じ結果だと推測できるので、パチンコホールや我々パチンコメーカーはDK-SISを頼りにパチンコ台が優秀かどうかを判断できるのです。

残り2/3のパチンコホールは、そもそもデータを集計する機械が導入されていなかったり、他メーカーのデータ集計装置を使用していたりしてシェアがまばらです。このことから、1/3といえどDK-SISを基本に考えて良いと判断しています。

ちなみに、DK-SISはパチンコを打つユーザーからは見られず、パチンコホールや我々パチンコメーカーにしか情報が開示されていません。

DK-SISの情報を基に絶対に勝てない理由を説明いたしましょう。

パチンコ1台の値段は400,000円

私は今でもこの値段に驚いています。同じ映像を写して楽しむゲーム機器(PS4やSwitch)でもせいぜい30,000円前後です。個人での購入を比べるなら間違いなくゲーム機器一択でしょう。

なぜパチンコ台がこんなに高いのか理由は様々ありますが、そもそも台を購入するパチンコホールはこの値段を高いと思っておりません。なぜならば400,000円で購入しても利益を生み出せる自信があるからです。

パチンコ1台が1日で稼げるお金

さて、この400,000円で購入したパチンコホールは商売を成立させるためには先に機械台を回収しなければなりません。当然機械台を支払うのは我々お客です。

1台のパチンコ台が1日で稼げるお金は、1日5,000円程度です。これは先程紹介したDK-SISのデータから算出しており全国1/3のパチンコ台平均値となっています。

もちろんパチンコの性能によって上下しますし、新台入替の際には利益が高くなる傾向にあります。(たくさん打ってくれるお客が多い為)極稀にマイナス1,000円という必ずお客が勝てるという甘いパチンコ台が存在します。(ただし1年に1台あるかないかぐらいです。)

私は最初意外な数字だと思いました。なにせ負ける時は1日10,000円も20,000円も失うのですから「パチンコホールはいっぱい稼いでるんだろ」と思っちゃいますよね。

しかしずっと出続けることも出続けないこともありえないので、1日トータルで見ると5,000円ぐらいの利益に落ち着くのです。利益が7,000円10,000円ともなるとお客はもっと負けているイメージを抱いてしまい「二度と打つか!」となってしまいます。あまり利益を出してしまうのも問題になってしまいます。

機械台を回収するのに約2~3ヶ月かかる

1日5,000円の利益で計算すると、400,000円の機械台を回収するために80日を要します。大体2~3ヶ月の期間が必要です。

当然人件費や電気代などの経費が上乗せされるのでお客全員が1台に付き400,000円以上そのパチンコ台につぎ込まないとパチンコホールの利益になりません。

この事実だけでも、パチンコが絶対勝てないような気がしてきましたね。

32,000,000円の機械台も回収している事になる

パチンコ1台で考えると、高額といえど400,000円はまだ現実的な数字に思えます。パチンコ好き10人が4万円ずつ負けちゃえば機械台が回収できる…と無理やり理論付けられます。

しかしパチンコホールが導入するパチンコ台は少数ではありません。50台~100台の小規模ホールもあれば、1000台を超える大型ホールも存在します。

ビッグコンテンツのパチンコ台(例えばウルトラセブンやAKBのパチンコ)だと80台ものパチンコ台を導入するケースもあります。

1台400,000円が80台で32,000,000円。家が購入できる値段です。そしてこの32,000,000円は必ず回収します。回収しないとパチンコホールの利益にならないからです。

いかがでしょう?パチンコホールは簡単にポンポン新台入替を行っていますが裏では多額の機械台が動いています。そして機械台は私達お客からのみ回収されるのです。

長く続けていれば絶対に負けるパチンコ

ホールにとっては高額な機械台を回収した上で商売が成り立つわけですから、間違ってもお客に勝たせ続ける経営はしません。

運良く客側が連勝する日もあるでしょうが、長く続けていれば必ず負けてしまいます。

パチンコはその日の切った張ったが楽しいひと時。あまり入れ込んでは子どもたちと遊ぶ時間が無くなってしまいます。

勝ったらママや子どもたちのお土産に。負けたら「ちくしょう、惜しかったな」と軽く思うぐらいの金額で遊ぶのが一番健全ですね。

おまけ:間違っても子ども達にパチンコ・スロットをさせるな!

今やショッピングモールのゲームセンターにまでパチンコ・スロットが置かれるようになりました。

子どもの内からあまり触らせたくないゲーム機です。ゲームセンター様に改造されているものの演出はパチンコホールに置かれている物と性能は同じです。

演出や光、音で気分を高揚させプレイヤーを快楽状態へと誘います。たまの快楽状態は良いものの習慣化してしまうと危険です。後にギャンブル依存症になってしまう可能性があるので、親の私達は注意して観察しなければなりません。子どものうちにパチンコ・スロットにのめり込まさないよう気をつけてください。

スポンサードリンク

趣味を増やしてみよう!

あなたも多趣味になってみませんか?
と簡単に言っても、中々思いつきませんよね。しかし手軽に趣味が見つかる方法があります。私が利用している通販サイトamazonでは、通販だけでなく本や動画コンテンツ等幅広く取り扱っています。amazonは基本通販だけですが、amazon prime会員になると豊富に取り揃えられた本や動画コンテンツが無料で利用ができます。何がきっかけで趣味が広がるか分かりません。じっくり吟味して見つける趣味も良し、ザバッと飛び込んで趣味探しの食べ歩きに出るも良し!です。

下記リンクは、amazon prime会員になって得する人と得しない人がまとめられています。
会員になるか迷っている方は、ぜひご参考ください


4 件のコメント

  • パチンコをやりだして約30年はたつ。今55才。自分はプロ級だと天狗になっている。しかし打ってみないとへそがみえない。 マイホに行くと1年に数回は釘の状態がいい。しかし今は回収。1円ぱちは回収ですよ。

    • よっちゃんさん、はじめまして!コメントありがとうございます。

      30年の大ベテラン…!!大先輩です!!

      釘を見ることが勝利への近道ですね!!パチンコが勝てないのはあくまでも大局で見た時で、中にはそれで勝っている、食っている方もいらっしゃるのでそういう方はすごいと思います!!

      1パチは打ちやすいですが本当に回収釘ですね。台の入荷費用も1/4になれば良いのですがそういうわけには行かず…(笑)

      ありがとうございました!!

  • 初めまして。
    37歳既婚者、5歳の娘が1人います。
    パチンコとパチスロにハマってなかなか止められず気付けば借金だらけ。
    依存症の自覚もあり止めたい気持ちはあります。
    それでもまだどこかに『パチ屋に行きたい』と考えてる自分もいます。

    本当に止めたい…娘の為に。

    苦しいです。

    • はじめまして、コメントありがとうございます。

      パチンコは楽しいですよね。上手く行けばお金も稼げるので言うことなしです。

      がヒーパパさんの場合借金するまでハマってしまうことから、ギャンブル依存症だと思われます。

      ギャンブルへの、のめり込みを辞めるには、人それぞれの方法があると思います。ヒーパパさんの場合ご自覚されているので、家族や医者などを頼ってみんなの力で辞めてみることに努めてはいかがでしょうか?

      ギャンブル依存症が重くなると、一人の力では克服できないほど重くなります。私個人の意見ですが、依存症と名前は柔らかく表現されていますが病気に近いものだと思います。

      このコメントに心の思いを綴っていただいたということは、本当に克服したいとお考えあってのことだと思います。

      お子様の為、家族のために頑張ってきたヒーパパさんだと思います。今度は家族の力をお借りしてみんなで解決しても良いのではないでしょうか?

      最後に、私はギャンブル依存症についての専門家ではないので実のあるアドバイスができなかったことをお許しください。

      ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA