【ヒーリングっどプリキュア】ひなたのギャグにちゆが大爆笑ww|3人の性格がいい感じ合わさった水族館【5話の感想】

広告

地球に住むビッグブラザーのみんな!生きてるって感じ?

予定されているプリキュア全員が集合!したということで今日は仲良く3人で水族館に遊びに行きます!!ちゆとひなたのチグハグな2人がちょっとケンカ気味になってしまう…!?そりゃ見た目からして180°性格が違う感じがするから当然だよね(笑)

以外にのどかがしっかり屋さんでいいなぁ、と思った回でした!

プリキュアオペレーション、スタート!!

ヒーリングっどプリキュア5話「気まずい水族館!チグハグなわたしたち」

開校一番、心配そうな表情をするちゆの先には…

前回あった「ゆめポート」の話題をみんなに振りまく陽キャたち

当然ひなたも居て、うっかりプリキュアになって勝利を収めたことを漏らしそうになりますが、ここでちゆちーのインターセプト!!

プリキュアになりたてなので、まだまだわからないことがある…ということで一旦作戦会議に!!ちゆちーらしい振る舞い。

ヒーリングガーデンに現れたビョーゲンズ…その理由とは…?

ひなたのカフェで作戦会議。ドリンク代はプリキュア活動経費として経理課に落ちるのでしょうか(くだらねぇwww)

今の所ビョーゲンズがヒーリングガーデンを襲った理由は明かされないようです。きっと後々理由が判明するかと思います!

このブログ書いていて気がついたのですが、テアティーヌ様の名の由来って「手当て + 犬」ですね多分。凝ってる!

さて、激しい戦いを繰り広げたテアティーヌ様とビョーゲンキング。なんとなくビョーゲンキングのフォルムが動物みたいに見えますね。最終形態はテアティーヌ様みたいな犬をモチーフにしたラスボスなのでしょうか。

いちいちニャトランがカワイイので、記念に置いておきます

さっきも“ヒーリングーテン”って間違えていたし、ビョーゲンズを“ビョーンズ”と言ったりで…ちょっと物覚えのわるいひなた(笑)

それをフォローするのどか。前回の主人公があんなんだった(笑)ですが、今作の主人公はしっかりと言葉で伝えていく感じです。

一方、ちゆはちょっと抜けたひなたに対してキッチリと注意するスタイル。

その注意にニャトランが同意してうなずくのもカワイイのですが、ひなたはちょっとビビっている感じ…。ひなたのノリを正論チックに返すタイプは初めてなのでしょう…

 

…さて、所変わりビョーゲンキングダムでは…

遠近法のおかげで大女に昇格したシンドイーネが息巻いております

相変わらずのDNスタイルであらせられるビョーゲンキング様

全然シンドクナイーネ

性格チグハグ!?お互いのことが気になるちゆとひなた

見た目に反してなかなかイラストも上手で図解もシッカリとしているすこやか中学教師。運動能力も高そうです。

光合成の授業そっちのけで窓際のニャトランを見ていたひなた。正直でよろしい(笑)それをちょっときつめの表情でみるちゆにも注目

「またちゆに怒られるんだろうな…」という感じで落ち込むひなた。忘れっぽいというかノリのせいで集中できないというか…勉強はちょっと苦手なタイプなのでしょうか?

帰り道、ちゆのことで相談するひなた。自分(ひなた)の性格をよく知っているため、ちゆに迷惑をかけているんじゃないかと心配しています。

ノリでプリキュアになったひなたは、ノリでプリキュアをやめる(笑)

あまり衝撃を受けてなさそうラビ…(むしろニャトランのほうが衝撃を受けているw)

ひなたの相談を悩むのどかとラビリン。ラビリンの仕草がカワイイのは置いといて、この2人は同い年の友達って感じがしていい雰囲気です。(ペギタンとニャトランの性別は男性っぽいので、女性同士のパートナーはのどか&ラビリンしかいない?)

そんな時、ちゆもひなたの事が気になるようでのどかの家に来ました。

ひなたと同じく、ちゆも今までに居なかったタイプの友達との接し方に悩んでいるようです。友だちになったといえ、転校生に相談を持ちかけるのはのどかの聞き上手な雰囲気があったからなのかもしれませんね。

そしてその悩みを今度はお母さんに。

そういうときは、パーッと遊んでお互いのことをよく知ろう!!ということで、水族館のチケットをプレゼント

のどかママのすごいところその1:3枚あったということは、家族で行こうとしていた可能性があるが、それを友達のために使おうとチケットを渡したママの優しさ
のどかママのすごいところその2:通常、福引きの招待券というのは「二人一組(いわゆるペアチケット)」が多い。3枚手に入れたということはペアチケットを2回引き当てたという強運を持つママ。

みんなで水族館に!

3人仲良く水族館にGO…と行きたいところですが、なんとなくまだギクシャクしている2人。というか一方的にひなたがちゆを怖がっているような雰囲気です…

ヒーリングアニマルを使いこなす新手のプリキュア2人が水族館にいました

学校とは違う表情を見せるお互いを見て、距離が縮まった雰囲気。水族館遊びは大成功か!?

とここでひなたのノリの良さが…!!「泡であわわ…」という不可抗力ギャグに…

大爆笑のちゆwwwwこういうのに弱いという可愛らしい一面が見えました(笑)

そんななかペギタンは…

お前が一番このテリトリで注意しないとダメなんだから、しっかりするペエ!!!!

広告

後半始まるよ~|消えたペギタンを見つけ出すために、チームワークを活かす!!

消えたペギタンを捜索するため、様々な所を探すのどか達。ロッカーをくまなく探すのは時間がかかりそうだぞ!!

ペギタンを隠すにはペンギンの中…という策士なペギタン。なんとかガバガバ飼育員を巻いたようですが…まだのどかたちに合流はできない模様…

悪いことは重なるようで…シンドイーネがはり切ってむしばむ宣言。本当にシンドイの?

この場所に置いては、泡という存在は範囲が広すぎるラビ…

ラテ様がグアイワルになったということでペギタン探しより被害の拡大を防ごうとするちゆ。いやいやペギタンの捜索が先だ!と反論するひなた。どちらも優先的な事案だと思いますが…

そこをのどかがうまくまとめました。プリキュアで被害を止めることも大切だし、プリキュアになるにはペギタンが必要だ。と理論付けて諭します。ナイスジョブ!のどか!

イルカショーをするぐらいの水族館ですから建物内は結構広いと思います…がお構いなしのひなた(笑)このような単純な思考回路が功を奏することもあります!

根拠は、無い!!

さて、のどか達を探すペギタン、伝統のたまたまエンカウント方式よろしく、シンドイーネにエンカウントーネ

ネゴシエーター(交渉人)ちゆ!しかしそちらの要求って…「地球を滅ぼす」とか来たらどうするつもりだったのだろうか(笑)

しかしそんな回りくどいことが苦手なひなたは…

強☆行☆突☆破

バトルロイヤルに発展!!!!

とまぁ、なんとかペギタンを取り返したちゆ。怒ってます…かなり怒ってますよ…!!!!

流石に調子にノリすぎたひなた(と、のどか)猛省

プリキュア大集合!!グレイス・フォンテーヌ・スパークルの3人でビョーゲンズと対戦!!

コザカシーネ

「こざかしいってどういうこと?」とキュアスパークルの質問にちゃんと解説してくれるキュアフォンテーヌ。気になる事・困っている人を放っておけない性格はプリキュアになっても健在!

今回はサクッとチート技を使って

浄化活動終了!!

プリキュアヒーリングストリームを放ったキュアフォンテーヌが決め台詞「お大事に」を発声。3人技になった時は全員で「お大事に+3人カット」になるのかと思うと、その時が楽しみですね!

これはシンドイーネのファンが多いのも頷けるほどのあざとさですわ。(あざとイエローのスパークルより、シンドイーネのほうがあざといと思うのは私だけ?)

泡は期待できねーんだ!!お魚を出せ!!魚群をだせ(信頼度40%)

無事にビョーゲンズを浄化できたものの、いきなり強行突破したことは褒められたものでは無い…と注意をうながすちゆ。

しかし「これから」という言葉尻に気がつくひなた。3人一緒に力を合わせてプリキュアの使命を果たそうという意味合いが含まれていました。

チグハグな2人の距離が一気に縮まったと感じたのどか、3人一緒に腕を組んで水族館をあとにするのでした!!よかった!

次回ラテ様が行方不明?のどかのお母さんのお仕事とは…?

のどかのお母さんが仕事再開するということで、一体どんな仕事でしょうか?引っ越ししてもできる内容となると、自宅でもできるような仕事だと想像できますが…。

そういえば前回の主人公のお母さんはこんな仕事をしていましたね。

ダルイゼンだけ本当にだるそうだから、ビョーゲンズ最後の良心とも言えます。(具合悪くないグアイワルしんどくないシンドイーネ

やっぱ毎回病にかかるから、嫌になったのかな…

ヒープリ5話の感想

やっぱ3人集まってワイワイやっているとこちらも楽しい雰囲気になりますね!!

ヒープリ感想ブログが始まった時キャラクターの名前が覚えられず「やべぇ、これ大丈夫かな…」と心配になったのですが、それぞれのキャラクターの表情や仕草、会話が見えだすとスッと名前も頭に入ってきますし「このキャラのこういうところが可愛らしい・面白い」と感情移入しやすくなったと思います。

さて、今回の話で驚いたことがあります。それは「ひなたが想像以上におっちょこちょい」という事。

最初ギャルっぽいノリなのかな~って言う感じでしたが、ひなたが自分でも言っているように自分の弱点を知っているけど克服できない…と悩でいる事から、24時間ずっとノリのフルスロットルって感じでもないキャラクターなのだなと思いました。

お兄さんが医者、お姉さんがカフェ店員…ひなたは一体何に…?

一方ひなたは自分の信じる道を突き通す強さがあります。ニャトラン出会った時、そしてパートナーになる前もニャトランの境遇やケガのことを心配していましたし、今回のペギタンに置いてもペギタンの気持ちを優先していた節があります。

実家がアニマルクリニックを営んでいることもあり、動物が苦しんでいる姿を見たくない…と人一倍強い思いを持っているのでしょう。ひなたは「動物を守りたい」という自分自身の強さにまだ気がついていないような気がします。

お兄さん・お姉さんがシッカリしている事に対してもコンプレックスを持っているかもしれません。ひなたの得意な事とは…?自分はどうしたいんだろう…?というストーリーがあるかも??

イケイケの時はイケイケ、ダルダル…のときはダルダル…と気分がはっきりしているひなたですが、ノリの良い彼女がどのように成長していくのか楽しみです。

のどか、ちゆのポジションもはっきりしてきた!

ちゆはシッカリしてて真面目…という感じでしたが、ひなたのギャグに爆笑していた!という可愛らしい一面が見られたのがほっこりしましたね。真面目な分、あのような一面が見られるのはギャップ萌えです(笑)

決して相手を怖がらせようとしているわけではないちゆですが、今回ひなたの受け取り方を見ていて「もしかして、私怖い?」と心配を抱くシーンを見ると、ちゆもまた優しい心を持っているのだなぁと思いました。

一方、のどかはチグハグな2人をしっかりと収めるお姉さん的なポジションでしたね。これは意外でした。のどかとひなたがアタフタする所をちゆがシッカリ収める…そんなシーンが見られるかと思ったのですが意外にものどかの機転で2人(ちゆ&ひなた)が収まりましたね。

性格がそれぞれ120°ずつ違う3人ですが、うまい具合に絡み合って仲良くなっていく今回はよかった話だと思います!

ヒープリ5話の感想動画

広告

4 件のコメント

  • 「趣味バラバラ ノリちぐはぐ 性格真逆」なんて歌詞がプリキュアのOPで流れてたことを思い出したルキナですw
    ひなたちゃんのお陰か、1から3話までの雰囲気が一転した気がします。と言うか1話と2話が深刻と言うか、重すぎた(汗)
    3話のちゆちゃんの探りがドキドキ物でしたけど、それを飛び越えて4、5話とひなたちゃんが喋る喋るw
    彼女が喋るととにかく笑ってしまうw今回、ダジャレに笑ったちゆちゃんだけど、僕はひなたちゃんの存在に笑ってますw
    冒頭からスタートしますと、クラスメンバーにプリキュア暴露!?
    ちゆ「”買った”のよ!!”勝った”では無いわ!!」←どうやら自分のシャレには笑わないみたいでwと言うか強引な言い訳だぜ(汗)
    ひなた「分かりませ~んw」←これから頑張っていこうw
    でも窓の外で優雅にくつろぐニャトランは焦りもの(汗)自分がネコだからって、危機感無さすぎw
    このペア、本当にノリと相性で進んでいくんだろうなw
    ちゆ「私って怖いかしら?」←まぁ、怖いな(汗)
    ラビリンの(容赦無いw)言葉に落ち込むちゆちゃんだけど、僕から見ても少し怒ってる感じがw
    ちゆちゃんにとってひなたが初めてのタイプであるように、ひなたちゃんもちゆちゃんは初めての人だったとも思えますね。こうした初めてな人とのすれ違いはある筈。前作のひかるとララがそうでしたからね。
    そこをフォローするのどかちゃん。と言うかお母さんがグッ!!家族の為に、と用意したチケットをあげるなんて~!!
    実は花寺家って結構稼いでる?←まさかw
    でも引っ越し後の家には広すぎる庭が。相当のものがあるって思いますな…。

    水族館にやってきた!!がひなたが引いて、ちゆちゃんはどこでも?と曖昧な解答。”どこでも”って解答は実は困るものwそこをのどかちゃんがまたしてもフォロー!!
    ちぐはぐな二人を繋げるパイプ役は適任ですね。
    と言うかのどかちゃんって、ちゆちゃんとひなたちゃんの中間点な性格だからか、自然と二人の中にスッポリ入りますねw良い娘ですね、のどかちゃんw

    でも、低レベルなダジャレに笑っているちゆちゃんには言葉が出ませんでした(汗)

    僕も大人なもので、ダジャレに笑うことはあってもそんなに…(汗)寧ろ最近耳にするダジャレって、俳句やクイズ等にある”掛け言葉”かな?と。この場合は”シャレ”ですけどねw
    なんて思っていたけど、ペギタン(汗)何ではぐれたwそしてヒーリングアニマル達の隠れ場所がひなたちゃんのフードの中って(汗)
    ニャトランも軽率だけど、ひなたちゃんも軽率だわ(汗)
    あの3匹も水族館を楽しんでもらう為、かもしれないけど(汗)
    でも、応用力のあるニャトラン、使命感と警戒心の強いラビリンの中、怖がりで今回のトラブルの元凶のペギタンw一番軽率なのは、ペギタンかもしれないかなw

    使命感と言うことではちゆちゃんも同じですね。いなくなったのはパートナーのペギタンなのに、メガビョーゲンを見つけなきゃ!!と言ったり。
    ここは知恵があってかな?
    “騒ぎ元にペギタンも来るかも!!そこで合流できれば!!”
    なんてあれば、ひなたも納得ものでしたね。
    ひなたがペギタンを優先したのも、ニャトランとの出会いと前例がありますから納得ものです。
    そこをのどかちゃんがまたしてもフォロー!!全部大事!!←そして2話の無茶をしたことを忘れないでね(汗)
    何でもやろう!!とした結果、痛い目に会うかも?と心配もので(汗)

    で、上手く合流!!のペギタン、捕まってます!!
    ちゆの交渉論。知恵のプリキュア(?)らしい行動であるけど、相手があのシンドイーネですからねw上手くいったのか怪しいw
    だからって、ひなたちゃんも強行突破!!はもっと危ないw上手くいって?と言うかある意味正解?と思えることでしたけど、危ない危ないw
    今回のメンバーって”危険を顧みず”過ぎて怖いです(汗)

    ちゆ「二度とこんなことをしないこと!!」
    のどか・ひなた「「はーい!!(汗)」」

    2話ののどかを見たら、とにかく説教物だったなw

    なんであれ、これから!!と3人一緒に頑張ろう!!と決めたのどかちゃん、ちゆちゃん、ひなたちゃんw
    これからもよろしくだぜ!!

    と思った次回はラテが逃げ出した!?お母さんがテーマだから、もしかしてヒーリングガーデンに帰ろうとする?
    いわゆるホームシックかな?さて、どうなるだろうか。
    そう言えば予告映像にダルイゼンが出て、おそらくメガビョーゲンの元は植物?ビニールハウスがあるから、イチゴ狩りとか?
    ダルイゼンは、花、木と選んでましたから”植物”が主な対象かな?
    シンドイーネは”水”?グワイワルの鏡は、何でしょう?
    敵キャラについて、も何か分かればって思いますね。

    その敵キャラと言えば気になることが。
    ラビリンのお話ではテアティーヌがキングビョーゲンと相討ちに?

    あれ?じゃあ、プリキュアはいたの?

    ビョーゲン側ではプリキュアに追い詰められたっと聞いていたけど、ラビリンの話ではテアティーヌが追い詰めた?
    ここは矛盾?設定ミス?

    ラテが動くお話なので、ここが少し分かればって思います。
    お疲れ様でした!!

    • ルキナさん、いつもコメントありがとうございます!!

      確かに1~3話まで、少し思い雰囲気がありましたが、ひなたが出てきてからは明るさのバランスが取れたかと思います。
      そしてさすがルキナさん、ちゆのギャグ。そういえば「買った」って言ってましたね。あれば渾身のギャグだったのでしょうか(笑)おそらく今後もギャグ笑いが出てくると思います。下らないギャグで笑ってラビリン達がしらける…そんなお決まりがあるのかな!?

      動物思い、ニャトラン思いのひなただからこそ、ペギタンを優先した…という感じが良かったですね。それぞれ正当な理由なのをのどかがシッカリとまとめた…という雰囲気も非常に良かったです。いいバランスの3人にあと1人(2人?)増えるとなると、どんな感じに混ぜ合わさるのか今から楽しみでもあります。

      生身でシンドイーネに突っ込んでいく例のシーン。相変わらずひなたはムチャクチャ…ということで(笑)こういう感じが所々に出てくると、真面目路線っぽいヒープリにも楽しさが生まれますね!

      さて一方でテアティーヌ様とキングビョーゲンの因縁…まだまだ5話なので多くは語られませんが、中盤~終盤とヒーリングガーデンが舞台になりそうな雰囲気もあります。彼女達のドタバタ劇(笑)も楽しみですがどのようなストーリーになっていくのか、楽しみでありますね!!

      ありがとうございました!

  • 平光ひなたはどうもノリが良過ぎて放置すると不要な事迄同級生でショートカットのりょうこと先週ショッピングモールに買い物に来た帽子とズボンを着用した痩せのみなとスカートを履いてピンクの長袖シャツを着用したデブのりなにプリキュアの秘密をベラベラと喋りそうになったのは先週も自宅の診察室にて獣医の兄貴に「聞き間違いじゃないの?」と聞かれた時に「違う!!」とニャトランが喋る妖精だと言おうとして2回も沢泉ちゆに口を塞がれて外に連れ出されましたよね。

    この時デブのりな役で先日も申した松田颯水さんは1日違いとは言え松田利冴さんとは双子の姉妹で見分け方としては松田颯水さんの方が髪の毛が長くて松田利冴さんの方が髪の毛が僅かに短くて着用している服に注目するとファイナルファンタジー5の双子の塔フォークタワーその物です。

    次にハピネスチャージプリキュアにて軍事境界線を突破してチーム全員が揃ってハワイに行った時に威張り散らして結局は逃げられた喧嘩大好きなオカマのマダム・モメール役の浜田賢二さんが声で専門は体育と見せ掛けて理科の担任が授業をして水+空気の二酸化炭素+光を吸収して光合成が出来る植物はビタミンCを合成出来る塩基Cの尿酸分解酵素ウリカーゼを持っている話をした時もタダでさえ勉強が苦手で仲間入りしたばかりの平光ひなたはニャトランに夢中になって教師の話をまともに聞けて無かったから沢泉ちゆがフォローしましたね。

    各迷宮に有るコンパスを取るとボスの部屋が髑髏印で表示されるゼルダの伝説神々のトライフォース

    髑髏印と言えば時代劇では必ず密会する敵の親玉に付ける印で、悪魔城伝説はサイファルートは7面がドラキュラ城別館を通れる天国でもアルカードルートは地下通路の地獄となって、ボスが居るゴール地点が地上では髑髏印となって城内では蝙蝠印となっている事を教えてくれる点は顔が弱点となっている中ボスも居てボスの部屋はシャッターが掛けられて幹部を1体撃破する毎にその幹部が使う特殊武器を習得出来てボスには必ず弱点武器が存在してプリキュアオールスターズでも御馴染となっている幹部達の総復習によるワイリー基地のカプセルルームと4からはPS1版でもBGMがアレンジされてラストボスのDR.ワイリーが暗闇に姿を消してワープを繰り出して負けても無反省のまま基地を自爆させて逃げる姑息な奴なのも判明します。

    • キュアライブラリーさん、いつもコメントありがとうございます!!
      沢山の動画リンクありがとうございます。掲載列の都合上、コメントを編集させていただきます。ご了承ください。

      平光ひなたは本当にハチャメチャなキャラクターだと思います(笑)

      ニャトランもノリがよく、つい喋っちゃう事が一番多いのか、口をふさがれるという不憫な目に会いがちです(笑)

      今回の参考動画で懐かしかったのは、ゼルダの伝説。ちょうどSFでやっていたのが小学生の頃であの当時は何がなんだかさっぱりわからず…ずっとダッシュで鶏を捕まえるだけが精一杯でした(笑)
      あのタイプのゲームってのはどうにもワクワクしちゃいます。今やっても楽しいゲームの1つだと思います。

      ありがとうございました!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA